どれほど距離が離れていようが、最後には辿り着けるのさ。必ずだからね。